ブランドについて

伝説的なヴォーグ編集長兼チーフのダイアナ・ヴリーランドが「メイクアップの革命」を生み出したと宣言したセルジュ・ルタンスは、アラモードではなく、常に直感に導かれてきました。 フランスのヴォーグやハーパーズバザーなどの著名な雑誌との数々の素晴らしいコラボレーションの後、ルーテンス氏はディオールの最初のメイクアップコレクションをデザインし、そこで働いた13年間で、美容の概念を一変させました。 資生堂のアーティスティックディレクターとして最初のフレグランス、ノンブレノワールを制作した後、彼はフェミニテデュボワを立ち上げました。これは特に業界で最初のユニセックス香水の1つです。 2000年にようやく彼の名を冠したブランドを立ち上げて以来、アンブレスルタン、チューベローズクリニエル、アンボワバニールなどのセルジュルーテンスのその後のフレグランスは不可欠なものとなっています。