First Aid Beauty フェイシャル ラディアンス パッドで、肌に自然で健康的な輝きを。毎日お使いいただける肌にやさしいパッドには、最適な量の乳酸とグリコール酸をブレンド。毛穴や小じわを目立たなくしながら、肌の透明感を改善し、明るく、なめらかで若々しい素肌に導きます。

最も敏感な肌を含むすべての肌タイプに適しています。キュウリとユカンが肌を整えて、レモンピールと甘草根の成分が肌を新しく再生し、輝きとツヤを与えます。

パラベン、天然着色料およびその他の有害な化学物質は使用していません。

成分:

水、アロエベラ液汁、グリセリン、キュウリ果実水、乳酸、グリコール酸、水酸化Na、レウコノストック/ダイコン根発酵液、チャ葉エキス、ナツシロギクエキス、カンゾウ根エキス、レモン果皮エキス、マンダリンオレンジ果実エキス、ヒアルロン酸、アンマロク果実エキス、ポリソルベート20

ブランド:
First Aid Beauty
ボリューム:
28 Pads
使い方:
  • Facial Radiance® Pad (フェイシャル ラディアンス パッド) を1枚、容器から取り出し、顔や首、デコルテを拭き取ります。
  • 朝晩の洗顔後、保湿ケアの前に使用します。

First Aid Beautyフェイシャル ラディアンス パッド (28枚入り)

JPY 2448.0

¥2,448

数量:

( 0 item is in your basket items are in your basket )

 

在庫あり・通常24時間以内に発送

厳選アイテム20%オフ!コード:LFJP20

厳選アイテム20%オフ!割引コード:LFJP20 をお買物かご画面でお使いください。

期間限定。他コードとの併用はできません。

お買物へ
厳選アイテム20%オフ!コード:LFJP20
厳選アイテム20%オフ!割引コード:LFJP20 をお買物かご画面でお使いください。

期間限定。他コードとの併用はできません。

お買物へ

Live Chat

つながるまでの平均時間は25秒です

つながるまでの平均時間は25秒です

First Aid Beauty フェイシャル ラディアンス パッドで、肌に自然で健康的な輝きを。毎日お使いいただける肌にやさしいパッドには、最適な量の乳酸とグリコール酸をブレンド。毛穴や小じわを目立たなくしながら、肌の透明感を改善し、明るく、なめらかで若々しい素肌に導きます。

最も敏感な肌を含むすべての肌タイプに適しています。キュウリとユカンが肌を整えて、レモンピールと甘草根の成分が肌を新しく再生し、輝きとツヤを与えます。

パラベン、天然着色料およびその他の有害な化学物質は使用していません。

成分:

水、アロエベラ液汁、グリセリン、キュウリ果実水、乳酸、グリコール酸、水酸化Na、レウコノストック/ダイコン根発酵液、チャ葉エキス、ナツシロギクエキス、カンゾウ根エキス、レモン果皮エキス、マンダリンオレンジ果実エキス、ヒアルロン酸、アンマロク果実エキス、ポリソルベート20

ブランド:
First Aid Beauty
ボリューム:
28 Pads
使い方:
  • Facial Radiance® Pad (フェイシャル ラディアンス パッド) を1枚、容器から取り出し、顔や首、デコルテを拭き取ります。
  • 朝晩の洗顔後、保湿ケアの前に使用します。

この商品を見たお客様はこちらも購入しております:

お客様からの口コミ評価

Overall Rating : 4.0 / 5 (1 口コミ)
  • 0 5 star reviews
  • 1 4 star reviews
  • 0 3 star reviews
  • 0 2 star reviews
  • 0 1 star reviews

トップカスタマーレビュー

食べ物かコスメ商品に関するレビューは結果が人によって違います。お客様のレビューは外部のご意見ですので、Hut グループの見解を反映していません。

休日の朝洗顔に

肌にあうか、心配だったので少量タイプのこちらを購入しました。グリコール酸によるピーリングなので、刺激があるのではないかと思いましたが、私は大丈夫でした。成分も、水の次がアロエベラの表記になっていたのも購入の決め手になりました。デコボコのあるパッドにたっぷりと化粧液がしみていて、サラサラっと滑りよく拭くことが出来ます。拭き取ったあとは、さっぱり感がありながらしっとりとした仕上がりです。疲れのたまった、休日の朝、洗顔するのも面倒でこちらで拭き取りしています。そのまま、すすがず、ケアもせず二度寝しましたが、肌の調子はOKでした。1つあると便利だと思います。毎日使用しないのであれば、劣化をさけたいので小さいタイプを都度購入するほうがいいですね。