ブランド検索
コスメレビュー

乾燥にも負けない肌に!Omoroviczaの優秀スキンケアアイテム5選

ヨーロッパ屈指の温泉地であるハンガリーブタペストで生まれたOmorovicza(オモロヴィッツァ)は、世界20カ国以上で愛されているスキンケアブランド。今日は、乾燥が気になる冬場にも頼れるOmoroviczaの大人気商品を5つご紹介します。

 

Omoroviczaとは

1800年代に、ラッツスパという美しいスパを築いたオモロヴィッツァ家の末裔であるステファンさんとその奥さまが立ち上げたブランド。パラベン、シリコン、合成香料、合成着色料などを使用せず、厳選した成分のみでつくられた商品には、ハンガリーの温泉水をはじめとする自然の恵みが贅沢に配合されています。

 

Moor Cream Cleanser

ミネラルをたっぷり含んだ、ハンガリーのへーヴィーズ湖で採取されたクレイをベースとしたクレンザー。クレイベースと聞くと「オイリー&コンビネーションスキン向けかな?」と思ってしまいがちですが、こちらのクレンザーはしっとりとした洗い上がりが、どんな肌質にも合うのです。

お肌の不純物を取り除くと言われるクレイが汚れを分解し、シアバターと温泉水がお肌に潤いを残して洗い上げます。

 

泡は立たないタイプのクレンザーなので、たっぷり手に取って、まるでパックをするようにお肌に乗せ、軽くマッサージしながら馴染ませます。カンファー、ペパーミント、ユーカリのエッセンシャルオイルが、まるでスパにいるかのような清々しい香りで包み込んでくれます。

洗い流したあとのお肌は、スッキリしながらもどこか潤いが残っているので、キュキュっとさっぱり!というよりは、しっとり柔らかな印象です。乾燥のひどい今の季節でもつっぱり感を感じることなく使えますよ。

 

 

Omoressence

「リキッドモイスチャライザー」と表現されているほど、潤いに満ちたお化粧水。

アミノ酸複合成分がお肌に潤いを与え、抗炎症作用のあるとされるラムノースポリサッカライドが有害なバクテリアからお肌を守ります。このラムノースポリサッカライドという成分は、UVや大気汚染といったストレス要素からお肌を守る働きもあるそうです。更に、ミネラルケイ素がコラーゲンの生成をサポート。若々しく弾力のあるお肌に導きます。

 

 

洗顔後の清潔なお肌に数滴馴染ませて使います。手のひらに少しずつ取って、ハンドプレスでゆっくりとお肌に入れ込んで。お肌がぺたぺたっと満たされるまで、何度も重ねます。お肌の水分保持力をサポートしてくれるので、朝使えば一日中乾燥知らず。使い続けることで、お肌の滑らかさに気付くはず。

ちょっとオリエンタルな香りが心地良く、スキンケアしながら心がほぐれていくのが分かります。少量でしっかり潤いを感じられるので、コストパフォーマンスも◎。優秀なお化粧水を探している方に是非一度試していただきたい逸品です。

 

Illuminating Moisturiser / Balancing Moisturiser

肌質やお悩みに合わせてモイスチャライザーは数種類揃っていますが、乳液タイプをお探しならこれ!

Illuminating Moisturiserはノーマル〜ドライスキンの方におすすめのモイスチャライザー。アップルペクチンとアーモンドオイルがお肌に潤いを与え、ハリ感をもたらしてくれます。

オイリー〜コンビネーションスキンの方には、Balancing Moisturiserがおすすめ。ジェルクリームのさっぱりとした質感で、ベタつかずにお肌に適度な潤いを与えてくれます。お肌に明るさをもたらすというフルーツエキスが、気になる毛穴もケア。

どちらもルビークリスタル配合で、お肌に自然な輝きを与えてくれるという点もユニークです。

 

Midnight Radiance Mask

ナイトクリームのように、眠る前に付けて朝洗い流すタイプのフェイスマスク。サリチル酸が眠っている間に余分な角質を除去し、滑らかなお肌に整えてくれるというものです。

冬場は特に乾燥によってターンオーバーが乱れがち。お肌がごわごわしてきたな、と思ったら、角質が溜まっているサインかもしれません。「放置して洗い流す」という従来のフェイスマスクと違って、眠る前に付けるだけなので、忙しい週末のスペシャルケアにも最適です。

詳しいレビュー

日本未発売!Omorovicza Midnight Radiance Maskで急速潤いチャージ!

 

ポストタグなし



Nicole

Nicole

作成者

海外コスメに目がないビューティブロガー。国内外のコスメレビューを中心としたブログ(日本語) Beau Tea Time、日本のコスメやトレンドを紹介するブログ(英語)Beau Tea Time in Tokyoを運営しながら、LBR、mybestなどにビューティライターとして寄稿も行う。2017年からは、ビューティを専門としたアマチュアフォトグラファーとしても活動。